×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ぷよぴたっ!

ファミスタ

星座占い



ゲゲゲの鬼太郎ベスト~妖怪歌謡集(ベスト)~
去年、鬼太郎ファミリーのテーマ曲が、それぞれマキシシングルが出てると知った時「なにこれ?3作目の「燃えろ!鬼太郎」のように、アルバムでどーんと出しゃいいのに」と思ってたら、結局、出ましたね。
やっぱり、こういう形で出る方が、聴く方にも、フトコロにもいいもんです。歌も、全般的に良かったですし。
鬼太郎のぼやきソング「いたずら」は、最初コナン?と思いつつ、なんか乱太郎も混じってて可笑しかったし、猫ちゃんのはひたすら可愛いし、ベテランの山本圭子さんもノリノリで歌ってて楽しいし、まとめて聴くと疲れちゃう「妖怪横丁ゲゲゲ節」も、合間合間に、アクセントのように入っているのが、いい味出しててグッドです。

個人的には、ジャケットはもっと華やかなのがよかったでしょうか。

 

丘を越えて [DVD]
本作は、菊池寛の伝記映画的な要素もありますが、伝記映画というわけではありません。彼の私設秘書(池脇千鶴がとてもいい)の目を通して描く実録風(←ここが肝心)のフィクションになっています。
描かれるのは昭和5〜6年のわずかな時間だし、実際、菊池寛の確かな人物像というのはよく分からない、多面的であり謎の多い人物であったようです。「人情」の人であり、「面倒見のよい」人物であったことは映画のとおりなんでしょう。風貌は勿論、そういう意味でも菊池寛はもう西田敏行以外にはあり得ない。そのぐらいの名演であり、はまり役でした。
それにしても、昭和5〜6年の東京は、まさにモダンでしたね。江戸から明治・大正へと受け継がれていた日本の風俗風習と、海外から輸入された西洋文化の融合。「恐れ入谷の鬼子母神」「あら、松っちゃん、デベソの宙返り」とかの言葉遊びも普通に生活に生きていた。(笑)
  
高橋伴明監督としては、前2作(「光の雨」「火火」)ほどの「社会性」はやや薄いが、エンタテインメントのなかで考えさせられるエピソードがあちこちに仕掛けられていた。また、葉子が、知りあうことになる朝鮮人・馬海松(西島秀俊が雰囲気ぴったり)は、朝鮮の貴族の末裔で、菊地に可愛がられており、新刊雑誌『モダン日本』の編集長をまかされます。時代は、急速に軍部独裁と大陸侵略へ向い、日本人ではない彼は次第に居場所がなくなっていく。個人的かつ社会歴史的なキャラクターとして、非常にうまい登場人物設定でした。

ラストは、戦争に突入していく暗い世相の中でハッピーな「丘を越えて」という曲をミュージカル仕立てで登場人物全員で歌い踊る。これはこれで、カーテンコールとしても、逆説的な世相批判としても生きていたし、なにより観ていて楽しい。

 

ゲゲゲの鬼太郎 7 [DVD]
「このロリコンどもめ!」のセリフで一部の人に有名な
バックベアードが第18話「古城に光る黒い目」に登場します。

過去に劇場版などで登場したこともあるようですが
現時点でDVDで確認できるのは第5期の7巻だけではないかと。

猫娘は赤いドレス姿で出演。

 

ゲゲゲの鬼太郎 12 [DVD]
初め見た時は「おもしろいなあ」と、思ったけど、後から「なんだよ、ガキくせえ」な、と文句をぬかしたけど、今は気にならなくなり文句を言いません。
本編に収録されている話ってもしかして、口が悪いようですが、少々子供臭い感じですよね。
因みにエンディングはあれですか? 話はいいけど、エンディングは聞いた時点で腰抜かします。あまりにも変過ぎて。今はようやくまともなエンディングに変わりましたけどね。

 

ダブル・ハード 2 (ジャンプコミックス)
速水大貴はロス帰りの高校生で無敵のナックルファイター。その相棒でヤクザも一目おくビッグネーム、鷹山仁との最強コンビ、ツーメン・アーミーが復活した。二人がフェアーなパワーで悪を倒す痛快漫画です。むしゃくしゃした時に読んでください。 二巻はクロスボーを使い、無差別に族を潰す過激武闘集団B・C(ブラック・クルセイダー)が登場。神条のミッド・ナイト・キングが襲われ、その魔手は大貴や仁にも。 卑劣なB・Cに大貴達の怒りが爆発します。

 

ダブル・ハード 1 (ジャンプコミックス)
いわゆる「硬派の喧嘩漫画」なのだが、迫力のある描写で月刊誌掲載ながら長期連載になった。
等身大のヒーロー「速水」と渋い大人の男「鷹山」のコンビも小気味良い。
横浜のフェミニスト・竜崎も加わり三者三様のキャラ立てが出来た。
速水の決めゼリフ「お前にはできないかもしれない・・・」は嫌味を感じさせない。
ところで・・・「殴り屋」。ホントに裏の職業としてありそうですね。

 

今野直樹 動画

TOMATO IPPATSU ~ SPECTRUM / MURTCEPS ~




人気動画


加藤幸子 Yamanouchi MINON Kato Sachiko
ピート・ロック Pete Rock On The MPC
Transcend Remorse Code - Transcend
Missing Blue Meja - Im missing you
スーパーヅガン 麻雀格闘倶楽部メドレー
田中雅美 たった5時間で泳げる(秘)テク教えちゃいます 2/2
林不忘 2009-08-22公視?間新聞
ソドムの市 舞台挨拶:『ソドムの市』at名古屋シネマテーク 2/2
ふじろう ウォーキング・イン・ザ・レイン ふじろう
ドキドキ 伝説 魔法陣グルグル ドキドキ伝説 魔法陣グルグル ED1 西の空へ(FULL ver.)

今野直樹 情報


サザエさん
東京ブラススタイル
PHENOMENON
Loading...